オールインワン化粧品のダマ、モロモロの原因と対処法

オールインワン化粧品を使った後に、ダマやモロモロが気になることはありませんか。どんな化粧品でも、何かしらの問題があるのが当たり前。

でも、ダマやモロモロとなると、メイクの完成度が一気にダウンしますよね。では、オールインワン化粧品のダマ、モロモロの原因・対処法を説明しましょう。

モロモロが出る原因と対処法

オールインワン化粧品のダマ、モロモロの原因として、次のようなことが考えられます。

  • オールインワン化粧品の成分(カルボマー)
  • 一緒に使う化粧品との相性
  • オールインワン化粧品の使い方

まず、オールインワン化粧品には「カルボマー」と言う成分が、含まれているものが多くあります。

カルボマーは界面活性剤の一種で、水分を保持する効果、美容成分の浸透性を高める効果、ゲル化して粘性を高める効果などを発揮します。ただ、カルボマーは時間とともに乾燥して、モロモロになりやすいので注意が必要です。

それから、オールインワン化粧品を使う時は、一緒に使う化粧品との相性も大切です。一緒に使う化粧品に、カルボマーが使われていることもあります。ファンデーションに関して言うと、「リキッドファンデーションはパウダーよりもモロモロが出やすい。」との情報もあります。

また、どんなに良い化粧品でも、使い方によってモロモロが出ることもあります。「一気に大量塗り」「擦り塗り」などは、急いでいるとついやってしまいがち。でも、だからと言って時間をかけすぎても、カルボマーが乾燥してモロモロが出やすくなります。

いずれにしてもモロモロを対処するためには、モロモロの原因を明確にすることです。化粧品を使っている時に、1つ1つの過程でこまめに肌をチェックしておくと、モロモロの原因が特定しやすいですよ。

塗る量が多過ぎる

オールインワン化粧品のダマ、モロモロの対処法として、まずは「塗る量」にも注意する必要があります。あまりに量が少な過ぎるのも、有効成分が顔全体に行き渡りにくく確実なケアができません。

だからと言って、塗る量が多過ぎるのも、肌がべったりして不安定な状態に。余分な成分がダマ、モロモロに変身することも。

寝る前のスキンケア程度なら多過ぎても、心地悪い程度で済むでしょう。でも、メイク前のスキンケアだと、メイクが安定せずすぐに崩れてしまいます。それで、塗る量が多過ぎるか少な過ぎるかは、次のような状態を目安にしてみると良いでしょう。

  • 指がツルッと滑る⇒多過ぎ
  • べたつきがかなり気になる⇒多過ぎ
  • 肌がすぐに乾燥する⇒少な過ぎ

最初は適量の感覚が分かりにくいでしょうから、「商品説明に書かれている適量分を薄く伸ばす」ところから試してみましょう。それで、上記のような不快感が気になる場合には、量を少しずつ調整してください。

一度に塗らず、分けたり重ねたり工夫する

塗る量は適量でも一度にまとめて塗ると、ダマになることがあります。なので、適量手に取ったら5等分して、額・左右の頬・鼻・顎などに置きます。そして、薄く周りに広げていき、顔全体に均一に行き渡るようにしましょう。

足りないと感じる部分があれば、重ね塗りをするのもお勧めです。もちろん、オールインワン化粧品の後に使う化粧品も、量は最小限にしておきましょう。

擦り過ぎ

オールインワン化粧品を使う時に、擦りながら付けていませんか。確かに、時間をかけてゆっくり付けていると、オールインワン化粧品の水分と油分が分離して、ダマやモロモロが出ることがあります。でも、急いで肌を擦り過ぎてしまうのも、ダマやモロモロの原因になるのです。

特に注意が必要なのが、肌に乗せた化粧品を周りに広げるタイミングです。「擦りながら広げる」のではなく、「ポンポンと肌を軽く小刻みに叩く」ようにすると良いでしょう。「1ヶ所1ヶ所丁寧に、成分を浸透させる」イメージです。

これなら一度に大量に付けなくても、ちゃんと顔全体に行き渡ります。

摩擦を起こさないように意識して塗る

擦り過ぎないように化粧品を塗るためには、とにかく摩擦を起こさないように意識するしかありません。そこで、次のようなことに注意しましょう。

  • 少量ずつ小範囲ずつ塗る
  • 指で軽く叩くように塗る
  • 通常のメイクの量も調整する

オールインワン化粧品を使った後も油断は禁物で、通常のメイクも量を調整して擦らないように塗ります。また、必要に応じてコットンを有効活用するのも良いでしょう。コットンの場合も手と同じように、軽く叩くようにポンポンと広げていきましょう。

浸透する前にメイクをしてしまう

オールインワン化粧品を塗る時、成分が肌に浸透する前にメイクをしていませんか。確かに、あまりに時間をかけすぎても、化粧品の水分と油分が分離してしまいます。でも、化粧品の成分はしっかり浸透させておいた方が、メイクも安定しやすくなります。

オールインワン化粧品を顔全体に付けた後は、手全体を使って顔を覆って5~10分間待ちましょう。「ハンドプレス」と言うのですが、手の熱が顔に伝わって温かさで、化粧品の成分が肌に浸透しやすくなります。

焦らず浸透するのを待つ

夜のスキンケアは良いとして、朝のメイク前のスキンケアは焦りますよね。それでも、焦りは禁物です。待ち時間はたった5~10分ですが、どうしても待てない場合は、化粧品の量を若干抑えると良いでしょう。あるいは、早く浸透する化粧品を探してみるのも有りです。

朝の化粧品の量を抑えるのであれば、代わりに夜のスキンケアで量を増やして十分なケアをしておきましょう。

ダマ、モロモロの出にくいオールインワン化粧品も増えている

わざわざダマやモロモロの出やすい商品を苦労して使わなくても、ダマやモロモロの出にくいオールインワン化粧品もあるのです。それで、ダマやモロモロの出にくいオールインワン化粧品の特徴としては、次のようなものが挙げられます。

  • カルボマーが使われていない
  • ゲルタイプではない
  • 浸透性が高い

誰でも使いやすい化粧品が良いに決まっています。と言う訳で、ダマやモロモロの出にくい商品には、モンドセレクション受賞・@コスメ上位ランクイン・医学誌掲載など、評価の高い商品が多いです。人気商品を一通りチェックすれば、良い商品が見つけられそうです。

まとめ

オールインワン化粧品のダマ、モロモロの原因は、「オールインワン化粧品の成分」「一緒に使う化粧品との相性」「オールインワン化粧品の使い方」などにあります。それで、対処法としては、「量の調整」「軽く叩くように塗る」「浸透するのを待ってメイクをする」などがあります。

これらの対処法を試しても変わらない場合、実践するのが面倒な場合は、ダマやモロモロの出にくいオールインワン化粧品を探してみるのも良いでしょう。評価の高い商品や人気商品を一通りチェックすると、良い商品を見つけやすいですよ。